日本語教師は食ってけない?そんな噂を検証中。

台湾で気づいた。頭のアップデート方法。

 
台湾 日本語教師 読書 
この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

世界の皆さん おはこんばんちは

どうも いけだいき です。

台湾は旧正月真っ只中。台湾に住む人たちは、10連休を満喫しながら最高のお祝いムード。非常勤の私にとっては、この10連休は地獄でしかない(笑)仕事ができないので、収入がなくなってしまう(笑)

台湾での極貧生活

3年前まで、日本で中学校英語教師として安定した収入があった。頭の中も安定志向だった自分。好きな物を食べて好きな車に乗り、それでもそこそこあった貯金は2年間のオーストラリア留学で尽き、台湾では人生で最もお金がない時代に突入中(笑)いつまで続くのか(笑)

台湾の節約生活を安定した日本での生活より居心地がいいのは事実

だけど、日本で安定した生活を送っていたころより、今のほうが心は充実している。毎日、どうやったら収入が増えるだろうか。何かできることはないか。そんなことばかり考えているが、それもまた楽しい。考えるだけではなく、著名人の有料メルマガを読んだりビジネスをしている人と話をしたり、何かヒントはないだろうかと模索している。

日本で安定した生活を送っていたころの自分

数年前まで安定志向の自分が、すぐに何かを始めれるほど世の中は甘くない。日本で中学校教師として働いていた頃、頭の中では「今の給料をどう節約して貯金しようか」「生命保険はどうしようか」「車を買うなら」「将来家を建てるなら」「子供ができたら」そんな見えない未来のことばかり考えて生活していた。振り返ると、今を生きているというより老後を気にしながら生きる毎日。

台湾で頭の中をアップデートすることに成功。

最近、3年ぶりに日本語の本を読んだ。台北市内。帰宅ラッシュをかき分けるように足早に歩いていると、そこには見たことあるお店が。紀伊国屋書店。日本にいた頃は、休日に立ち寄り、お目当ての本を手に取っていた。すごく懐かしい気持ち。日本語の本が多くあったので、気になるビジネス本1つを手に取った。台湾では節約生活を送っているから、2000円もする本はかなりの金額。だけど、どうしても読みたくて購入。そして、その日のうちに読み終わった。頭の中の古い知識がガラリと一変した。時代は自分が思う何倍も速く変わっていたんだなと感じた。

新しい知識が脳に染み渡り、老廃物のように古い知識が消えていく。

約3年前、ビジネスや自己啓発そして哲学の本が好きでよく読んでいた。仕事や私生活で壁にぶつかったときも本を読んでいた。しかし、読書から離れた状態が3年続き、古い知識を元に行動することが増えていた。3年前にオーストラリアに留学し、今は台湾。読書によって、頭の中をアップデートしないまま必死にもがきながら日々の生活を送っていたのだ。

古い知識のまま台湾で行動する。それはネガティブな自分を生み出していた。

だから、苦しいし焦ってしまう。結果、オーストラリアでは、日々の生活をこなすことだけに必死だった。台湾に来てからも日本語教師をしながら「このままでいいのかな」「もう35になるし、帰国して安定の道に戻るか。」そんなことばかり考えてしまいがち。それが読書によって前に進んでいけそうな気がした。

新しい脳で考える物事は新鮮で、台湾での生活を前向きに過ごさせてくれる。

台湾に来て5か月。ようやく前向きに物事をとらえ始めている。本を読むことの大切さを改めて実感した。今は、いつでもどこでも読めるようにkindleを活用している。携帯で本を読むことに否定的だった数年前。時代遅れの凝り固まった脳みそがほぐれたおかげで、今やいつでもどこでも読書ができる。頭の中は3年以上前の価値観のまま。そんな状態でこれまで行動していたんだと思うと本当にもったいない。

台湾でアップデートした脳みそ!台湾での生活が充実していくかどうか、今後にご期待あれ。

まだまだアイデアを形にするほどはっきりしたものは何もない。以前から「教えること」を通して何かをしたい。人生の約3分の1は教師としていきてきたわけだから、それを生かさない手はないと思う。「読書」「人との交流」「努力」それらを通して自分自身をアップデートしながら、日本語教師、英語教師として何かにチャレンジしたい。まずは沢山の信頼できる人、信頼してくれる人たちと繋がりたい。そして自分がチャレンジしたい「何か」を明確にしなければ。


この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 台湾で日本語教えるだいきせんせい , 2019 All Rights Reserved.