日本語教師は食ってけない?そんな噂を検証中。

日本語教師、初日 in 台湾。生徒が一人も来ないとパニックに。

 
日本語教師 台湾 緊張
この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

世界のみなさん おはこんばんちは

どうも いけだいき です

 

台湾に来て以来、なかなかスムーズに行かないことが多く、それでも一歩一歩前には進んでいる今日この頃。台湾で知り合った友人たちに救われることが多く、仲間の大切さをこれまで以上に感じている。今日は、日本語教師として勤務した最初の日の話。

台湾で日本語教師として初出勤、緊張が止まらない。

台湾で日本語教師デビュー初日の話。緊張のあまり前日はよく寝れず、授業1時間前には学校に着いてしまった。生徒がどんな人たちで、何人いるかも知らない。ドキドキした状態で受付へとかう。制服をきた若い女性が3人。中国語か英語しか話せないと聞いていたので、英語で「日本語教師」だと説明した。タイムカードの押し方、教室、トイレ等を案内してもらったが、他の先生方との交流スペース(職員室)のようなものはなく、そのまま指定された教室に入っていく。

人前に立つ瞬間は、何度経験しても緊張してしまう。

ソワソワがとまらない。これまで、日本やそれ以外の国で英語、数学、日本語の指導で計8年ほど教壇に立っているが、毎回、初日は緊張して吐きそうになる。各教室は、全面開放的な大きな窓があり、中の様子がよく見える。英語のクラス、日本語50音のクラス、うわ、、語学学校っぽい。。。つい3ヶ月程前、オーストラリアで生徒の立場だった自分が今、教師として語学学校にいると思うと感慨深い。生徒だったからこそ、先生の質に対して、受付の人に相談したりしていたので、自分がその立場にならないように、努力するとか一生懸命がんばるとかそういう精神論じゃなく、学ぶ人たちのニーズにはまる指導ができるように分析していかなければいかない。

台湾で日本語教師として初指導するまで残り30分

それにしても緊張する。30分前、集中力が散漫していて、空調の音やら、トイレを流す音、回りの部屋から聞こえる声、色んな音が耳に入る。いかんいかん。集中して、今日するべきことをおさらいしとこう。今日の生徒さんのレベルは日本語で意思疎通が容易なレベル。日本の出来事が書かれた教科書をもとに、文法や単語の使い方を指導していく。準備は万全。落ち着けー。

ついに日本語を学ぶ台湾の生徒さんとご対面

10分前。まだ誰も来ない。なぜだ。なぜ誰も来ない。私が教室を間違ったのか。待てよ。そもそも、この場所でいいのか?別の住所の教室じゃないのか。パニック。5分前、ついに一人目の生徒さんが来た。趣味で通っているというAさん、年齢は、60代くらい。「こんにちは、初めまして、いけだいきと申します。宜しくお願いします。」そういうと、笑顔で「新しい先生ですね。よろしくお願いします。」との返答が。優しいそうでよかった。それから、次々と生徒さんが入ってきた。みんな40〜60代の女性。計6人。高いレベルで少人数制のクラス。生徒さんにとっては素晴らしい環境。授業時間になり、ついにスタート。

台湾で日本語教師としての初授業が始まった。

「こんにちは、最初に自己紹介しますね。」私の自己紹介から始まり、簡単に台湾へ来た経緯なんかを説明。挨拶を終えたらいよいよ授業開始。今回私が準備したものは、アイフォン2つ分くらいの大きさに切り取った厚紙に単語を書いたカード、表に新出単語、裏に意味を簡単な日本語で書いたもの。それを見せながら、繰り返し練習してもらう。もう一つは、文法に関する例文や大切なことを書いた厚紙。それらを黒板に貼っていき、解説を行う。なるべく、生徒さんが日本語で会話する時間を確保したい。そのため、ホワイトボードに書く時間を削るったのだ。そして、最後に教科書を段落ごとに一人ずつ読んでもらい、内容を確認していく。生徒さんからの質問に答えたり、読み方を指導したり。授業は予定通りに進み、あっという間に時間は過ぎ、その日の授業は終わった。

台湾で日本語教師としての初日。緊張の連続だった授業を振り返ってみた。

自分で感じた感想を一言でいうと「つまらない」。厚紙に書いて用意した単語や文。なんだかぱっとしなかった。生徒のみなさんは、終始笑顔だったけれど、なんだか教えてて感じる手応えのなさ。初日だからしょうがない?そんな言い訳は良くない。私にとっては初日だが、生徒のみなさんにとって、趣味か真剣か、理由はどうであれ、いつもの生活の一部。先生が変わっただけでも非日常で気疲れするはず。だから、少しでも価値ある時間を提供しなければいけない。今日の授業はいまいち。次回に向けて、入念に軌道修正をしなくては。

台湾での日本語指導。反省点を次回に必ず生かしていこう。

1週間前から、授業の準備を入念に行ってきたものの、やはり生徒の方々と対面しないと分からないことが沢山ある。趣味で学ぶ人、仕事のために学ぶ人、日本語を学ぶ理由は人それぞれ。だれもが自由に発言できる空気作りをすることが大切だと感じた。次回は、もっと気軽に質問をしてもらえるような準備をして、活気ある授業にしたい。

この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 台湾で日本語教えるだいきせんせい , 2018 All Rights Reserved.