日本語教師は食ってけない?そんな噂を検証中。

台湾キッチンなし激安アパートで新居生活。

 
台湾 古びた 新居発見 
この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

世界のみなさん おはこんばんちは。

どうも いけだいきです。

台湾でようやく一人暮らしをスタート!

ようやく、台湾の身分証ARC(慰留証)も手に入り、無職生活ともおさらば。台湾の住人として、日本語教師の生活を始めることができる。現在、ホステルに滞在しているが、残り1週間ほどで部屋を出るので、新しい引っ越し先を探さなければいけない。チェックアウトの日までに見つからなければ、台北駅付近に滞在する期間を延長せざるをえないので、出費を抑えるためにも、一刻も早く見つけたい。

 

台湾で物件を探すには中国語を話せないと一苦労。

台湾で物件を探すときに、台湾人が利用するアプリ591。書いてあることは全て中国語なので、一切読めない。ラインで台湾人の友達に連絡をし、手伝ってもらいながら自分の希望条件を入力。他力本願(笑)。日本のアプリ同様、写真を見て気になる物件があれば、電話かメールで問い合わせ。何件か電話をしたりショートメールを送ったものの、私が、中国語ではなく英語を使うせいか、返信はなく、電話も言葉が通じない。

台湾人の友達に助けてもらいながら物件探し継続

台湾人の友達に相談すると、代わりに電話してくれることに。その友人からは、この物件に興味はないかと、色んな物件情報がラインで送られてきた。台湾で知り合った友人の多くが、引っ越しを予定していると知ると、多くの情報をくれた。これは台湾人の国民性なのか、本当にありがたい。彼らのおかげで、職場まで30分圏内でいける場所に月6000元(約21000円)の物件を見つけることができた。友人が中国語でアポをとってくれたので、その次の日に物件を見に行くことになった。友人も、忙しい合間を見て、付き添ってくれたので本当に有難かった。どんだけ台湾人は親切なんだい。

台湾初の物件見学で、住むことを決め。。。

夜8時に希望物件の前で待ち合わせ。待ち合わせ場所に向かうと、台湾人の友人は私より先に到着していた。毎回、集合時間15分前には来ている。ギリギリの自分が申し訳ない。大家さんに電話をすると、同じ物件の2階に住んでいるそうで、すぐに、建物内から出てきてくれた。眼鏡と野球帽で笑顔のおじさん。いかにも優しそうな雰囲気。5階建ての5階にある物件を案内してもらう。エレベーターが付いていない古い建物なので、階段で登る。

台湾で初めて見るひとり暮らしの物件は、なかなか年期が入っていた。

壁の劣化等あるが、勉強机とベッド、そしてシャワーとトイレはついているので、十分生きていける。古びたビジネスホテルのシングルベッドの部屋といった感じ。私は、冷蔵庫を開けたり、シャワーを出してみたり、かなり慎重に部屋をチェックした。そして、いろんなことを質問するので、台湾人の友達は少し戸惑っていた。失礼な日本人に見えたたかもしれないので、オーストラリアの経緯を説明すると理解してくれたようだ。

台湾に来る前、オーストラリアでの物件探しは疑心暗鬼が何より大切だった。

オーストラリアで物件を探す際、注意してチェックすることが最低滞在期間、敷金礼金、同居する人数、トイレシャワーの数、冷蔵庫、シャワーのお湯や水圧、部屋のダメージなどなど。これらをうっかり聞きそびれたら、大変なことになってしまう。

台湾で注意深くなる理由の全てはオーストラリア。

物価が高いオーストラリアでは安い物件でも月6万円程。預けた(日本でいう)敷金礼金十数万円を全て失ったり、マリファナの臭いやゴキブリ、ウジムシだらけのキッチンで廃墟同然の暮らしを送るはめになることだってある。

台湾ではあまり聞かないオーストラリアのやばい物件

物件とはいっても、違法営業同然。例えば、オーナーとなる人物は、正規不動産から、友達3人で住むという条件でベッドルームが2部屋ある物件を月20万程で借りる。そこに、無理やり二段ベッドを押し込んで、大人数を住ませる準備をする。その後、ネット上の募集掲示板で住人を探す。オーナーは韓国中国日本人どこだっている。一部屋に6人入れられ、ギッチギチの生活をすることもある。下手すれば、2部屋に10人以上住んでいるのに、トイレシャワーが1つしかないことだってある。

 

オーストラリアでの物件探しの経験は、台湾では、役に立つでもなく異常にうつっていたようだ。

台湾や日本ではホステル以外、なかなか考えられない状況が多い部屋探しだが、オーストラリアでこういう生活をしている留学生やワーキングホリデーの外国人はざらにいる。知識がない人が、悪いオーナーに当たれば最後、最初に預けた十数万円は返ってこないし、あれこれ理由を付けられ、お金を奪われる。あー恐ろしい。オーナー達は、この収益に関しては、1円も税金は納めていないし、敷金礼金を返さないこと自体も違法である。無知だと、足元を見られるのがオーストラリアでの経験。

 

何はともあれ、台湾での新生活の場所はここに決まった。

話は逸れたが、そういうオーストラリアでのよく言えば慎重、悪く言えば人間不信のせいで、台湾での物件探しは疑心暗鬼になっていた。何はともあれ、友人と優しい大家さんをし信じて、この物件にしようと決めた。

この物件を選んだ理由4つ

台湾最初の一人暮らしの部屋には利点が4つ。1つは風通しの良い屋外の屋根付き共同スペースに洗濯物を干せること。天気が悪いことが多い台湾では、屋根付きで風通しの良い場所があると、洗濯ものの生乾きの臭いを避けるためにも必要不可欠。2つ目は、机、テレビ、冷蔵庫、ベッド、収納スペースなどの家具が元々ついていること。台湾での日本語教師生活では、極力出費を避けたい自分にとっては、ありがたいことである。3つ目はインターネット、水道代がタダで、支払いは電気代だけでいいこと。4つ目は1年契約だが、早めに伝えれば、1年以内でも退去していいことである。

 

親切な台湾人の友人や大家さんに感謝感謝で物件探しは終了。

この物件が台湾にきて、訪れた最初の物件だったが、大家さんはいい人そうだし、台北橋駅まで徒歩10分以内だったので、ここに住むことにした。大家さんの好意で、荷物の運搬もあるだろうからと、入居1週間前に、鍵を渡してくれたので、空いた時間に少しづつ荷物を入れることができた。優しいなぁ。だけど、優しさを疑ってしまう自分がいる。荒んだ心は、オーストラリアで培われたことは間違いない笑。親切そうな人に何度も騙されそうになったので、そうなるのも仕方がないか。台湾では優しそうな人は親切な人でありますように(笑)

 

台湾に来て1ヵ月お世話になったホステルへ報告とお礼。

物件を決めたあと、住んでいるホステルに、これまでのお礼と延長しないことを伝えた。このホステルのスタッフは、本当に親切で、食事に招待してくれたり、夜市に誘ってくれてたり、無職のストレスを和らげてくれた本当にいい人たちだった。退去することが分かると、とても残念そうにいつでも遊びに来てねと言ってくれた。

台湾人のホステルオーナーの好意が有難すぎる。

ホステルのオーナーが、倉庫に、新居で使えそうなものが沢山あるから、使いたいものがあればリストアップしといてくれと言ってくれた。そのリストをラインで送ると、布団、枕、シーツ、食器、電気ケトル等々、3日後には、全て準備されていた。それらをタダ同然でもらうことができたので本当にありがたかった。しかも、オーナーは、車で届けるよと言ってくれたのだが、さすがに申し訳ない気がして、自分で運ぶことにした。

 

台湾で1ヵ月過ごしたホステルでのチェックアウトを済ませ、移動開始。

空のスーツケースと大きなリュックに、いただいた物を詰め込み大移動開始。住んでいる台北駅近くのホステルから、台湾で初めての一人暮らしの新居まで、道のりは片道40分程度。台北駅周辺のホステルから10分歩いて台北駅に到着。そこから、地下鉄で1度乗り換えて、約20分で台北橋駅へ行き、5分歩いて新居へ到着。荷物が重いので5階へ階段で登るのは非常に疲れたが、ようやく台湾での新生活が始まるという喜びを力に変えて登り切った。

 

荷物の整理は気合が必要

バッグから大量の生活用品を取り出し整理をしようとしたが、布団やシーツは、ずっと倉庫に保存してあったせいか、カビ臭くホコリっぽかったので、捨てて新しいものを買おうかと思ったが、台湾では節約生活必須なので、別の方法で解決させた。

台湾での快適な節約一人暮らしは、根気強さが不可欠。

台湾の有名夜市に行き、日用品屋さんで業務用の漂白剤、大きなオケを計600円で購入。台北市内のホステルでもらった布団やシーツを1日つけ置き。どす黒くなったオケの水を流し、手足で踏み踏みしてさらにもう1日つけ置き。3日目に、少し割な日本の液体洗剤アタックを700円ほどで購入して、再度、手足を使ってもみ洗いをした。

台北駅周辺のホステルでもらった布団をこれでもかというくらい踏み洗う。

泡がなくなるまで踏みすすぎ洗いを繰り返し、それでもまだ水は透明にならないので、再度洗剤でふみ洗い、すすぎを繰り返した。自分の出来る限りの力で布団を脱水したら、それを洗濯機にぶち込み、洗濯機の脱水モードだけを使い脱水させ、それを屋外に干す。この作業を4日間ぶっ通しで繰り返しピカピカにしたせいで、体は筋肉痛、腰は痛くてヘトヘトに疲れた。ぐずついた天気が多い台湾で、運よく晴天が続き、2日天日干しができた。ようやく清潔ないい匂いの布団に寝れるという達成感。疲れなんかふっとんで、ベッドに横になった最初の夜は、興奮してあまり寝れず(笑)。

 

ようやく、台湾での一人暮らし。色々な思い出が溢れてきた。

なんせ、これまでの台湾生活を振り返ると、10人部屋の二段ベッド生活が1ヵ月くらい続いていた。ランダムな時間に寝起きをする観光客。他人のにおい。自分のタイミングで使えないシャワーとトイレ。さらに、台湾以前は、オーストラリアで2年間、ルームシェアで過ごしていたので、一人で生活できること自体が本当にありがたい。

日本の当たり前が、台湾では幸せに感じる日々。

シャワーを浴びてすぐに服を着なくてもいい。全裸で過ごせるし、いつでも行きたいときにトイレに行ける。何もかも自分のペースでできることの幸せを実感している笑。とはいえ、布団が乾くまでの1週間は木製のベッド枠に先に洗っていたシーツを敷いて寝ていたので、体はバッキバキに痛かったのは否めない。

快適に台湾の新居で生活するために掃除継続。

何にせよ、これから1週間くらいは、この部屋を磨き上げることに時間を割いた。衛生的にもトイレ兼シャワールームの掃除が必要不可欠。日本とは違い、業者が入って、掃除するわけではないので、前回の住人の毛という毛が落ちたまま。便器の中は黒ずみリングだらけ。鏡は曇っており、壁はカビに覆われている。

台湾の新居の汚れは心の汚れ。まずはトイレをきれいにしよう。

私はマスク、ゴム手袋を装着し、以前購入したブリーチをトイレ中に散布し、1日放置。その後、台湾の夜市で購入した100円のデッキブラシや使い古した歯ブラシを駆使して、ピカピカに磨き上げ、ようやく清潔感あるトイレにした。

次は台湾初新居の部屋を入念に掃除。

次は室内。ホコリだらけの室内掃除に使ったのは、雑巾、スポンジ、食器用洗剤、柔軟剤。掃除機は高いので持っていないので、ひたすら雑巾掛けするしかない。窓や網戸は、雨風を防いでくれているものの真っ黒なので、洗剤を薄めた水をスポンジにしみこませて汚れを取り、溝に溜まった砂ぼこりも除去。その後きれいなタオルで乾拭きをする。

 

年期が入った臭いも消え、ようやく台湾初新居で心落ち着く瞬間を味わった。

家具のホコリが積もりそうなところも全て拭き上げ、最後に床掃除。ホコリや髪の毛で散らかっているので、雑巾で磨くが、すぐに真っ黒になる。何度か繰り返しこれもピカピカに磨き上げる。仕上げに柔軟剤を水で薄め、固く絞り、部屋全体を隈なく拭き上げた。柔軟剤は静電気を防いでくれるので、ホコリが付きにくくなる。ようやく、なんとなく潔癖な私でも気持ちを落ち着かせて生活することができるようになってきた。

台湾での一人暮らし生活は始まったばかり。感謝を忘れず頑張ろう。

まだまだやることは多いが、ようやく台湾の地に足が着いた気がした。今回の引っ越しで、改めて気づかされたことは、人の温かさ。あまりお金がないとか貧乏とかいうとネガティブに聞こえるので言わないほうがいいかもしれないが、お金がない今、色んな人が手を差し伸べてくれることが本当にありがたい。また、日本で安定した生活を送っていたときあ、如何に無駄にお金や物を粗末に扱っていたか。日々の生活から学ぶべきことが多い。これが日本で教員として働いたとき、活ききてくればいいなと感じる今日この頃。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 台湾で日本語教えるだいきせんせい , 2018 All Rights Reserved.