日本語教師は食ってけない?そんな噂を検証中。

台湾で日本語教師としてようやく勤務表ゲット、なのに帰国の危機

 
台湾 日本語教師 帰国
この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

世界のみなさん おはこんばんちは

どうも いけだいき です。

ついについについに台湾で初めて日本語教師としての第一歩がスタート

家賃2万円(キッチンなし水道代、ネット代込み)の物件で、一人暮らしも始まり、ついに日本語教師として台湾での生活が軌道に乗り始めたような気配。台湾の語学学校で非常勤として働くため、授業数によって給料が変動していく。毎月送られているシフトによっては、苦しい生活を余儀なくされたり、休日なんてなかったりする。

台湾にきてようやく日本語教師として初の勤務表が送られてきた。

台湾で初めて勤務表をもらった日の出来事。夕方6時頃、担当者からメールが届いた。いやー、長かった。ようやく仕事ができる安堵感。まさか台湾にきて1ヵ月以上無職生活が続くなんて、来台前には想像もしていなかった。想定外なことが続き、悲しみに暮れた日々も今はいい思い出。どんな辛いことも、勤務表を目の前にハッピーな思いに変わっていく。

台湾の語学学校から送られてきたメールに若干戸惑う。

メールを開くと、その内容に戸惑ってしまった。「来週から授業をお願いします。現時点で、担当する教室3つのうち一箇所の就労ビザしか下りていません。そのため、それ以外の場所では働けませんのでご了承ください。追ってご連絡差し上げます。確認後、サインをお願いします。」とのことだ。どういうこと?同じ会社の教室なのに、授業を受け持つ教室ごとにビザを申請しなきゃいけないの?申請が許可されるまで、他では教室では働けないの?なんだか、頭がすっきりしない。とりあえず、添付されていた勤務表を見てみることにした。

台湾での日本語教師生活、最初の月は何時間働けるのだろうか。

台湾にきて、1ヵ月間無職状態。台湾の語学学校で、日本語教師としてようやく働ける喜び、ウキウキわくわくしながら勤務表をみた。中身をみて、びっくり。スケジュールは、、、スッカスカ。空欄ばっかり。どういうこと?自然と「え?」と声が出てしまった。(あーなるほど、多分、ダウンロードに失敗したんだろうな)そう思い、再び、添付ファイルを開き直した。ドキドキしながら(もうわくわくしなくなっている)、内容をチェック。やっぱりスッカスカ。1週間に働けるのは、たった3時間程度しかない。

台湾でようやく無職生活が終わる安堵感からの絶望

いやいやいやいっやいやいやいやいやいや、もうなんだかよくわからない。やっと台湾で働けるという安堵感から一瞬でダメ押し谷底に突き落とされた感じがした。台湾にきて1か月間、手違いで1か月間なにもできず。それでも冷静に穏やかな心で過ごしてきたけれど、さすがに週3時間の授業はないでしょ。月12時間ですよ。一般社会人は、1日8時間勤務ですよ。そう思った私は、帰国も覚悟した上で直接担当者へ連絡した。

日本語教師を管理する担当者へ、帰国覚悟で連絡してみた結果。

採用通知をもらった最初の担当者は、長期休養中で、次の担当者は退職、そして現在の担当者は3人目である。そのため、「会社の手違いで1か月間無職生活が続いている」経緯を再度伝えた。「勤務表にサインをすることは構わないが、あまりにも働く時間が少ないこと。台湾での生活に支障をきたすことは避けられないので、生活ができなくなった場合、帰国することを了承してもらえるなら、サインすること」を伝えた。すると、担当者は、これまでの経緯を理解してくれ、後日、改めて連絡をしてくれることに。

日本より物価が安い台湾でも、ギリギリの生活と最大限の努力は必須

それから2日後、担当者から連絡がきて、日本語教師として働く時間を増やしてくれた。それでも、台湾に来る前に、面接時に聞いていた状況とは違うので、すっきりしないが、贅沢をせずに過ごせば、台湾で、なんとか1ヵ月は乗り切れそう。これからは日本語教師として、扱う教材をしっかり研究し、台湾人の好みにあわせた授業ができるように、日々努力しようと前向きな気持ちに切り替えた。暇な時間は、インターネットで日本語文法や指導について調べ勉強することに費やした。

台湾での日本語非常勤講師の置かれている状況について調べてみた。

台湾にくる前、元々慎重な性格なので、自分なりに台湾で働くを日本語教師の状況調べて、台湾にきた。しかし、調べた情報と、台湾に来て、実際に経験したことを比べると、個人的にはネットの情報は、役にたたなかった。結局、採用された学校や地域によって状況も違うだろうし、いまだに、どの意見が正解なのかわからない部分も多々ある。ただ、一つはっきりわかることは、実際に来てみないと分からない苦労が山ほどあることくらいだ。

台湾にある、別の語学学校の採用担当者に話を聞くことができた。

担当者から言われた「台湾で働くための就労ビザは、勤務する教室ごとに申請する」ことと、「採用時に聞いていた、収入状況と現状のギャップ」この2つが腑に落ちなかったので、自分なりに再度調べたが、なかなか自分が求める情報にたどり着くことはできなかった。そんなある日、ひょんなことから、実際に語学学校で採用を担当していた方に話をお伺いすることができた。

台湾で日本語教師として勤務する場合、担当教室ごとに許可証が必須という結論

話の内容はこうだ。まず一つ目。担当者が私に言っていた、「働く教室ごとにビザが必要」これはビザではなく、工作証(労働許可証)だという。台湾では、大手語学学校は教室を色んな地区に出している。なので、例えば、いけだいきが3つの教室で授業をするのなら、その一つ一つで、工作証を申請しなければいけない。しかも、それぞれの教室ごとに、働いていい時間まで決められているらしい。この許可証、下手すると取得までにかなりの時間を要することもあるというから、厄介だ。1箇所だけ許可がおりて残りの場所では、何ヶ月も働けない可能性もあるのだ。

台湾の日本語教師の非常勤採用は、事前に3か月分くらいの生活費を準備すべし。

台湾の非常勤採用者の1ヶ月あたりに受け持てる授業数に関しても聞いてみた。この方の所属する日本語学校の場合、月12時間くらいからスタートで、少しずつ働く時間を増やしてもらえるなのだそう。そのため、非常勤講師を採用する場合、3か月分ぐらいの生活費を準備して台湾に来るように伝えるそうだ。

台湾に来る前、会社側から細かく説明してもらえなかったのは国民性なのか、たまたまなのか、どっちなんだろう。

私の担当者は台湾人だから、そこまで詳しく説明してくれなかったのだろうか?国民性なのだろうか?あまり人間性を国籍で判断するのはよくなないと考えているが、ふと、そんな風に考えてしまった。まだまだ台湾にきて1ヵ月足らず。あまり深く考えずに、前に進もう。きっと、これから分かってくるだろう。台湾での生活は、日本では考えられないようなことが日常生活でもたびたび起こるので柔軟に対応していくことが大切だなと感じた。色んな経験をする中で、台湾についてより深く知っていきたい。

台湾で日本語教師としての第一歩は踏み出した。しかしまだまだメンタルを鍛えなければいけないな。

台湾での日本語教師生活が、ようやく本当に始まった。けれど、なかなか金銭的にもメンタル的にもゆとりを持った生活を送るには、まだまだ時間がかかりそうだ。それでも前向きに、日本語を学びたい台湾人の役に立てるよう、日々、自分自身も日本語の指導について学び、良い授業ができるように精進していきたい。

この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

Comment

  1. アバター M より:

    健康保険などはどうされていますか?

    • いけだいき いけだいき より:

      健康保険は、学校で勤務しているので、実費ですが、台湾の保険に入っていますよ!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 台湾で日本語教えるだいきせんせい , 2018 All Rights Reserved.