日本語教師は食ってけない?そんな噂を検証中。

台湾で週7勤務で日本語教師してますが、生活保護レベルなんですよ?

 
台湾 日本語 準備
この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

世界のみなさん おはこんばんちは

どうも いけだいき です。

今日のブログでは、いけだいきが台湾でどんな日本語指導をしているかを書いていきます。

教師の仕事を始めると準備に夢中になってしまう。それは日本にいても台湾にいても変わらない。

台湾で日本語教師として働きはじめて1ヶ月。家と学校の往復の日々で、外に出てブログネタを探すことが全然できていないことに気がついた。非常勤とは言え、台湾で日本語のいい授業をするためには、教材研究に時間を費やすことが大切。約10年間、英語、数学、日本語の教師として働く中で、いかに簡潔に分かりやすく教えるかを考えてると、「あ、この教え方も楽しそう、これもわかりやすいな。」とショッピング感覚でウキウキしてしまうので、あっという間に時間が過ぎる。しかも、まだ台湾にきて1ヵ月。非常勤の日本語教師生活は、節約重視なので、おしゃれカフェでお仕事なんてできないし(ホントはしたい笑)、空いた時間にふらりと出かけたりする余裕がない笑。だけど、そんなことが頭をよぎった時は、自分を戒めるために台湾へ来た目的を考えるようにしている。「遊びじゃない。教師としての経験値のため」ストイックになるっきゃない!!

台湾で非常勤の日本語教師。生活レベルは日本の生活保護レベル以下しか稼げない悲しさ・・。

台湾で日本語教師1ヵ月足らず。まだまだ新人の私は、月に10コマ程度しか授業ができない。1コマ90分なので1週間に15時間。時給もかなり低い。日本語教師として勤務する時間は少ないけれど週7で休みなし。仕事があるだけ本当はありがたいんだけどねw夜間クラスを担当しているので、朝から14時くらいまではフリーなのだが、私は、時間があると、指導に関する情報をネットで調べてたりしていると、出勤時間になっていることが多い。

台湾での日本語教師として柔軟な姿勢で取り組む。

毎朝8時頃に起きて、朝ごはんを食べながら台湾でも、お気にいりのYoutubeの動画を見る。洗濯をしたり台湾式のスチーム器をフル活用して昼ご飯と夜ご飯を作ったりして、10時くらいから指導するページの内容確認、教材研究スタート。最初の頃は、厚紙に単語を書いてフラッシュカードを作ったりしていたけれど、生徒のニーズに合わないと思い即やめた。今は生徒の要望を集めた結果、できるだけ多い情報を知りたいということだったので、要望に合わせて実践している。

台湾 日本語教師 授業の準備

台湾にきて最初の頃に使っていたお手製の教材。今は別の方法で指導している。

台湾 日本語教師 お手製 教材

台湾の語学学校ではどんな教科書でどんなこと教えてるの?

扱っている教科書は、中学時代の英語の教科書に似ていて、本文、単語、重要表現に分かれている。生徒の要望を反映させて授業を組み立てている。単語は、「同じ意味、逆の意味の単語を沢山提示し、会話表現などを散りばめ、例文を提示」。90分1コマの授業で、毎回、重要表現(文法)が出てくるが、文法用語だけではややこしいので、「例文を多く提示して、簡単な言い換え、会話表現」等も一緒に提示している。本文内容は、難しい表現は「簡単な表現」で伝え、会話で使えそうな表現は、例文等も準備する。

台湾で日本語教師として授業も大事だが、その前に腹ごしらえ。

参考書やらネット上の日本語指導についてのサイトで調べまくって準備をする。私は、家では集中して仕事ができないので、15時に日本語教師としての授業がある場合、11時頃には語学学校に到着する。そこから徒歩2分で台湾名物の露店が立ち並んでいるので、そこで昼ご飯を買うか、自炊した弁当を食べる。台湾の露店は、1食80元前後(280円)自炊すれば50元(280円)。台湾での日本語教師生活は節約必須なので、できれば自炊したいけれど、ついサボってしまう。もちろん自炊の方が栄養バランスもとれるし、健康的。しかも台湾は、バイク利用者が多く露店は排気ガスの臭いしかしないときもあり、なんとなく体に悪いような気がするのも本音だが、つい手を抜いて自炊をしない時は露店で買い物をするようにしてる。

語学学校に到着したら、くつろぎながら授業の準備を始める。

職員室なんてものはないので、誰もいない語学学校の教室で、台湾の無料WIFIをフル活用して、食事をしながら授業の準備を始める。台湾で使っている携帯電話はプリペイド式なので、残高がなくなれば追加料金を払わなければいけないが、私は残高がないまま使っている。現在、私は台湾での携帯料金は0円。日本で1万円以上払っていた自分の無駄さに気づく。日本でも意外にコンビニのWIFIやカフェのWIFIがある。それで十分かもしれない。食事が終わると、生徒の一人がくれたコップに、スーパーで買ったインスタントコーヒーの粉とお湯を注ぎコーヒーブレイク。カフェで買うコーヒーは400円から600円。スーパーの粉なら1000円で、何十回ものめる笑小さな幸せ。

台湾で日本語教師生活。授業の準備はワインと同じ?寝かせれば何かが見えてくる笑

日本語の授業は、前日までにはしっかりと仕上げているが、1日2日寝かせた後に再度自分の指導案を確認すると、色々なことがわかる。「この説明、意味が分かんないな」とか「これ無駄だな」とか。だから準備は1,2日前に終わらせて、授業前に確認するようにしている。授業の準備が終われば、次回の調べものをしたり、ホワイトボードに書く内容を、いかに見やすく書くかを考えたりする。そして授業1時間前になると、ホワイトボードに今日の授業について書き始める。

日本語教師として、台湾の語学学校で生徒のみなさんの無駄な時間を如何に省くか。そこに命かけてます。

授業前にホワイトボードに書いておくことによって、授業中に、生徒に背を向けてだらだら書き続けるという無駄な時間が省ける。時間を省いた分、日本語で発言してもらうチャンスや、日本語での例文を書いてもらい、それをチェックしてあげることができる。私が学生の頃、もくもくと授業中に書く先生が好きではなかったので、そうしている。

台湾 日本語教師 板書

台湾で日本語教師として授業の準備中

ドラゴンボールのセルが変身するくらい(わかりずらい)、授業の流れがかわっていく台湾で日本語教師のいけだいき。

実は台湾で日本語教師をして1ヵ月の間に、授業の方法を4回ほど変えた。いかに無駄な時間を省き、充実した時間を提供できるか。生徒の皆さん、本当熱心に、ホワイトボードの内容を丁寧にノートにまとめてくれる。頑張って準備した甲斐があるのだが、これが問題だと感じた。皆さん、書くことに必死なあまり、書きながら私の説明を聞くという状況が度々発生しているのだ。これはまずい。「書くときは書く。聞くときは聞く。」とメリハリがあるほうが絶対にいいので、3回目の授業方法チェンジ。

台湾での日本語指導。3回目となる授業方法の変更。

ホワイトボードに書いた内容をノートに手書きでまとめ、それを学校でコピーして生徒のみなさんに配る。なぜパソコンで作成しないのか。学校のコピー機が古いのでUSBなんて差せないのだ。学校のルールとして、教科書以外の教材は使ってはいけないというルールがあるので、教科書に沿って自作したプリントを配布する。そうした結果、みなさん、作業にゆとりができ、聞いてほしいときはしっかり前を向いてくださるようになった。

台湾 日本語指導 準備

台湾で日本語を指導するための準備。プリントアウトして配る用

4回目のにほんご指導の流れ変更。これからも台湾で日本語教師としての授業の質を上げるために日々研究を続けていく。

その後なぜ4回目の内容変更に至ったのか。ある日、親しくなった受付嬢と話しているときに、あることが判明したのだ。受付業務以外でコピーをすることが基本的にあまり出来ないようなのだ。受付の方は、優しい方ばかりなので何も言わずに笑顔でやってくれていたのだが、迷惑をかけたくはないので、コピーではない別の方法を考えた。複数の生徒さんから、他の日本語や英語教師はラインでグループを作っていると言って見せてくれたことを思い出し、グループを作成し、そこにパソコンで作成したものをアップするようにした。それを印刷するもしないも生徒の皆さんの自由。もちろんホワイトボードにも同じ内容を記入するので、みなさん、戸惑うことなく、授業をすすめることができた。

台湾にいても日本にいても、やっぱり教師という仕事が好きなんだと再認識。

約10年間、塾、家庭教師、学校等で先生の仕事をしていて、こういう話をきくことがある。「生徒の要望に合わせずに、自分の指導に生徒をついてこさせるべきだ」私はまだまだそんなに腕がある教師でもないし完璧な指導ができるわけではないので、できるだけ生徒が大人であろうと子供であろうと寄り添って変えられる部分は変えたいし、自信がない分、参考書等と抜き合う時間も多い。生徒の方々から「ずっとこの分校にいてほしい」だとか「こんなに真面目に準備してくれてありがとう」だとかそういう言葉がモチベーションになっている。その気持ちを裏切らないようにこれからも手を抜かずに取り組んでいこう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 台湾で日本語教えるだいきせんせい , 2018 All Rights Reserved.