日本語教師は食ってけない?そんな噂を検証中。

久しぶりの投稿です。まだまだなんとか日本語教師として生きております(笑)

2019/04/29
 
台湾 日本語教師 板書
この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

 最近、ブログを通じて連絡をくださる方々がいることを実感しているので、諦めかけていたブログを久々に更新しようと思う。とりあえず、文めちゃくちゃですが、近況を日記にしました。

台湾で日本語教師7か月目に突入。貧乏生活は変わったのか。

台湾に来て早7か月、本当に来る日も来る日も授業準備に時間を使っている。睡眠時間5時間、歩いているとき以外は全て日本語の授業のために時間を使っている。非常勤だし、比較的自由に行動できる学校で働かせてもらっているので手を抜こうと思えば抜けるし、適当に授業しようと思えばできる。だけど、自由だからこそ、時間を日本語教育に注ぐ。正直、何度も心折れかけたけど、なんとかそういう状況も乗り越えながらやってきたよ。

収入面はどうなったのか。台湾観光なんかせずに日本語授業!日本語教師!日本語教材の準備!

コツコツやってきたおかげか、収入も安定してきた。台湾に来たばかりのころ、1ヵ月目、学校側の手違いで無職。2か月目の給料2万円。もうよっぽど帰国して英語教員に戻ろうかと考えていたけれど、地獄を見たその数か月前から比べると、今は毎月7万円くらい貯金もできてるし、悪くはない。とはいえ、いまだに家賃25000円キッチンなしのアパート暮らし。食べたい高級料理は我慢する生活。35歳、独身日本人男性の中では貧しい生活なのは今も変わらず(笑)



台湾生活7か月目、日本語教師の生活で何が変わったのか。

変わったことと言えば、贅沢にもカフェを使って家庭教師をしたり、週に1回はお気に入りのカフェで授業の準備や自作教材をつくってることくらいかな。家庭教師の学生が、コーヒーや食事をご馳走してくれるので本当に幸せ。授業を教えながら自分の指導法を見直せるし、美味しいコーヒーを飲みながら仕事できるし最高の時間。

台湾のカフェにいると、店員さんも日本語で話してくれる。

常連になりつつある僕を、店員さんも少しづつ覚えてくれる。いつも英語で注文してるんだけど、つい先日は、じぇじぇじぇでお馴染み「あまちゃん」女優、能年玲奈似の店員さんが 、突然「いつもありがとう」って日本語で話しかけてくれて。こっちが「じぇじぇじぇ」だよ。日本語話せるの?って聞くと「少し話せます。」だって。すごい。なんだかすごく嬉しかったことを覚えている。

中国語の勉強はそっちのけで日本語のことばかり考えてるけど、そのおかげで色んな人達と繋がり合える今日この頃。

次回予告。台湾人を捕まえた僕


話は変わるけど、2019年4月22日にエスカレーターで盗撮犯と遭遇、スマホのライトを起動させた男。それを女性のスカートの中に差し込んだ。それを見た僕は、犯人の手を握って一言「Don’t do that.」さぁそこからどうなったか。

この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 台湾で日本語教えるだいきせんせい , 2019 All Rights Reserved.