日本語教師は食ってけない?そんな噂を検証中。

①なぜ台湾で日本語教師になったのか。

2018/09/12
 
メルボルンのビーチでパーティ
この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

世界のみなさん

おはこんばんちは

 

どうも いけだいきです。

 

何を書こうとずっと考えていましたが

 

最近、ブログにかくような

大きな出来事もなかったので

 

 

そもそもなぜ

台湾に来ているのかについて

 

 

書いてみようと思います。

ブログを書き始めて6日目

もうネタがないというのは

大丈夫なのだろうか。

 

 

とにかく

自分の振り返りも兼ねて

書いてみます。

 

 

まず台湾に来た理由を語るには

オーストラリアの生活へ

戻る必要があります。

そこから話をしていきます。

 

 

オーストラリアにきた目的

英会話力の上達

 

英語がパーフェクトじゃなくてもいい

自信をもって話せる心

をつくりたいなと。

 

 

中学校で

英語の常勤講師として

3年間働いていたが

 

英語教員として

もっと英語を使う授業

を展開していきたいという思いと

 

 

それができないことで

子供たちに対しての後ろめたさ

もあったためだ。

 

 

今の自分では

積極的に英語を話しなさい

なんてなだまだ言えない。

 

 

もちろん帰国後は、

また英語の先生として働きたい。

 

 

 

 

ギリホリ

(年齢制限ギリギリで

ワーキングホリデー)

 

という言葉が流行っていたころ

 

 

私が留学を決意したのが

30歳

 

 

ギリアウトホリ。

 

 

当時の私は

中学3年生担任として

働いており

 

卒業式を機に、

オーストラリアへ行こう

と決めていた。

 

卒業式から2ヶ月

 

 

専門学校でTESOL

(英語を母国語としない人向けの

英語教授法)

 

を学ぶためオーストラリアへ。

 

 

期間は1年半

18か月)ほどの予定。

 

 

 

現地での初の一か月間は

 

ホステルで生活していたが

あまりにも汚くて地獄だった。

 

ネガティブにいうのもよくないので

野性的な空間といえばいいのか。

 

 

わかりやすく言うと

 

 

 

にいるみたい。

 

 

 

当時の携帯が水没し

残念ながら残っていた

写真がこれだけ。

 

1ヶ月滞在したのは8人部屋

 

何のしきりもない二段ベットが4つ。

 

床は数年分のホコリにあふれている。

 

 

南半球のオーストラリア

がもうすぐ到来する5月。

 

 

渡された掛布団は

かというくらい薄く、

 

 

光に照らすと

反対側にかざした手が透けて見える

 

 

でもエアコンが効いてるから

ちょうどいいんだろうな

 

 

 

そう思っていたのも束の間

 

 

夜はエアコンが止まり

隙間風に晒される。

 

 

 

凍えて目が覚める

足はバッキバキに固まっている。

 

 

寒いというか…痛い(笑)

 

 

 

寒さをしのぐヒートテック

 

洗濯して干していると

次の日には無くなる

 

のせいかな。

うん、のせいだろう。

 

別の日にまた

ヒートテックだけなくなる。

 

ヒートテックが好きなだな。

 

 

そしてこのホステルには

防音設備などない。

 

 

朝方4,5時まで

酔っぱらった滞在者たちで

盛り上がっている。

 

それはシェアハウスなので

許容範囲

 

 

 

しかし

 

 

朝起きてシャワーを浴びる。

 

 

1つめのシャワールームは、

 

 

酔っ払いの

お口から出たであろう

 

 

放水物で埋まっている。

 

 

 

次のシャワールームは

 

黄色いお水

たまっている。

 

 

さぁ、どっちを選ぶ。

 

黄色い水を洗い流すことにした。

 

お湯がでたため、

黄色い水が蒸気となっておそってくる。

 

 

 

一旦退避。

 

 

 

その後、冷水できれいに流し

サンダルを履いてシャワー

を浴びる。

 

 

この日から、

海外では

サンダルを履いて

シャワーを浴びる

 

 

という習慣がついた。

 

 

 

こんなことが

ごく当たり前に起こる。

 

 

キッチンは使いっぱなし。

シンクに食べ物が詰まり、くさい。

 

鍋はこげている。

 

 

一度キッチンから黒い煙がでたが

警報機ならず

 

 

キッチンは1階

居住スペースは2階

 

 

火事になったら100%

大変なことが起こる予感しかしない。

 

 

大変な場所だったけれど

 

 

潔癖だった自分を

強くしてくれた場所(笑)

 

 

戻りたいとは思わない笑。

 

 

 

その後の生活は充実していた。

 

休みの日には

いろんな国の友人たちを集め

広い場所を貸し切って

パーティをしたり

 

公園のBBQエリアを使ったりして交流会をしたり、

 

みんなでビーチにいったり旅行をしたり。

 

 

学校生活も少しずつ上向いていく。

 

 

英語力に自信をつけるため

 

 

仲間たちと切磋琢磨しながら

ケンブリッジ英検FCE(TOEIC800点程度)

 

 

取得に向けて勉強開始。

 

 

ケンブリッジ英検

 

reading, listening, writing, speakingがあり

 

スピーキングは

 

二人一組になり

面接官と会話をするので

 

 

会話力向上に大いに役立った。

 

IELTSの授業はつまらないが

それもまたいい思い出。

 

 

そんな充実していた矢先

事件が発生

 

 

 

少し長くなってしまったので

それから先のことは

次のブログに書いていこうと思います。

 

読んでくださって

本当にありがとうございます。

 

 

 

ぼやき

最近引っ越した

2つ目のホステルがやばすぎる!!

 

早くブログに書きたい!!

この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 台湾で日本語教えるだいきせんせい , 2018 All Rights Reserved.