日本語教師は食ってけない?そんな噂を検証中。

あげく

 
この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

【接続】
動詞[た形]+あげく(に)
名詞[ーの]+あげく(に)

【意味】
長い間…した結果、~した

【例文】
①長い時間 悩んだあげく 買いませんでした。

→長い時間 悩みました。悩んだ結果 買いませんでした。

②1年間 考えたあげく、留学することにしました。

→1年間 考えました。考えた結果、留学することにしました。

【説明】
・「長い間…した結果、〜した/たくさん…した結果。〜した」という意味

・よくない結果に使うことが多い(~あげく、疲れました、怒りました)

・「あげく」と「あげくに」は同じ

・「〜あげくの果てに」は「〜あげく」の強調

 

私は、オーストラリアにいるとき、たくさん 悩んだあげく 台湾で日本語教師になることにしました。悩んだあげく台湾に来たけど、 最初の1ヵ月は 会社のミスで VISAをもらえなかったので、仕事がありませんでした。そして、1ヵ月待ちました。長い間 待ったあげく 週に4時間くらいしか働けませんでした。ずっと我慢したあげく たった4時間しか働けなかったので 帰国しようと思いました。だけど、たくさんの台湾人が助けてくれたので、私は仕事をつづけました。沢山頑張った①(あげく おかげで)授業数は増えました。そして給料も少しずつ増えました。いま、台湾2年目です。もっともっと頑張ります。1年間で教えた学生の数は200人以上。最近は、家庭教師の学生が12人、オンライン家庭教師の学生が10人、大学のオンライン講師もしています。そして、【みんなの日本語】を使った教材づくりも仕事になりました。もっともっと努力を続けて、日本語の勉強を頑張るみなさんの役に立ちたいです!

 

①の答え【おかげで】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
だいきせんせい
1984年 佐賀県に生まれる。民間企業、自衛隊、英語教員を経て海外へ。2年間のオーストラリア留学で貯金はほぼゼロ、今は台湾で日本語教師として会話力を身に付けることに焦点を絞り大学、企業、オンライン等フリーで活動中。教材作成、ナレーション、日台交流イベント等多岐にわたって挑戦中。海外生活はアメリカ1年、ジブチ共和国4か月、オーストラリア2年。台湾2年です。人生悩んでるそこのあなた。僕も悩んでます(笑)一緒に道を切り開きませんか!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 台湾で日本語教えるだいきせんせい , 2019 All Rights Reserved.